【アービトラージプログラムを作成してみよう!】Lesson1-変数を使ってみよう!!(JavaScript)

javascriptのLesson1です。Lesson1として、javascriptを動かせる環境をご紹介し、
変数の使い方のコードを書いていきます。
また、整数型と文字列型の違いについても説明していきます。
変数はプログラミング作成では必要な内容でありますので、
まずは基本的な部分から理解していきましょう。

参考動画

変数を作成し、出力させる

変数を作成し、document.write(出力したいもの)を入力する。

var a = 40; → 変数aに40を代入
document.write(a); → 変数aを出力する

実行結果

変数cに代入させた40 + 40は整数型であるため、足し算されてた数字が出力されます。
しかし、変数dには”40″ + “40”という文字列型であるため、足し算は行われず
文字が繋がって出力されます。
また、文字列型と整数型を合わせて出力することも可能です。

宿題

① 変数xに田中太郎を代入して下さい。

② 変数yに文字列型の60を代入して下さい。

③ ①、②を利用して田中太郎の点数は60点です。と出力してください。

④ 変数zに整数型の40 + 30(数字は変えてもよい)を代入して下さい。

⑤ 変数aに鈴木奈々を代入し、④を利用して鈴木奈々の点数は(変数z)点です。を出力して下さい。




FLY-WESTプログラミングスクールでは格安で未経験からフリーランスエンジニアへ導きます!

人気記事

© Copyrights Spot. All Rights Reserved

Created with by FLY-WEST