【Swift4】ToDoリストアプリを作りながらUITableViewを学ぼう!〜Part2 【説明動画付き】

Part1の続きです。Part2ではTableViewCellに文字と、クリックしたらチェックマークが表示される機能を作っていきたいと思います。

参考動画

ソースコードの変更

ToDoViewController.swiftのソースコード

下記ソースコードをToDoViewController.swiftにコピペします。元々あったコードは消しちゃって大丈夫です。

新しいクラスの作成

swiftファイルを新規作成

todoというファイルの上で右クリックします

NEW Fileを押し、swiftFileを選択後NEXTボタンを押します

Itemと入力しcreateボタンをクリック

Item.swiftのソースコードを下記のように変更します

解説

文字を大きくする

↓のコードを書くと、NaviBarのタイトルを大きく表示させ、スクロールした場合は小さくなります

Cellの行数を決める

セルの数を指定ーitemArrayの配列の数だけCellを表示します

Cellの内容を決める

ここではPart1で指定した「TodoCell」を引っ張ってきます

Cell番号のitemArrayを変数Itemに代入します

そして、ToDoCellにCell番号のItemArrayの中身を表示させるようにしています

クリックしたらチェックマークが表示されるようになります

accessoryTypeの種類

1.UITableViewCellAccessoryType.None
2.UITableViewCellAccessoryType.Checkmark
3.UITableViewCellAccessoryType.DetailButton
4.UITableViewCellAccessoryType.DisclosureIndicator
5.UITableViewCellAccessoryType.DetailDisclosureButton

実行結果

この続きはPart3で!




FLY-WESTプログラミングスクールでは格安で未経験からフリーランスエンジニアへ導きます!

人気記事

© Copyrights Spot. All Rights Reserved

Created with by FLY-WEST