【Java】Lesson1-Eclipseの環境構築を整えよう!!

Lesson1はJavaを動かす為の環境を構築します。
まずはEclipseのインストール手順から起動までを紹介します。
そして、Spring bootのインストールから起動まで紹介します。

参考動画

Eclipseをインストールする

以下のような手順でインストールを行ってください

① 下記からダウンロード。
※バージョンが最新ではない可能性があります。

flywest.tokyo/document/eclipse-inst-win64.exe


flywest.tokyo/document/jdk-13.0.2_windows-x64_bin.exe

公式サイトダウンロード

https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk13-downloads-5672538.html


https://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/oomph/epp/2019-12/R/eclipse-inst-win64.exe

② acceptをクリックして、jdk-13.0.2_windows-x64_bin.exeをダウンロードする(JDをすでにダウンロードしている方はしなくて良い)
DK公式サイトダウンロードする方法

https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk13-downloads-5672538.html



③ エクリプスをダウンロードする
エクリプスは下記からダウンロード。

https://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/oomph/epp/2019-12/R/eclipse-inst-win64.exe

④ eclipse-inst-win64.exeをクリックし、インストールが始まる

⑤ Eclipse IDE for Enterprise JavaDevelopersをクリック

⑥ INSTALLをクリック

⑦ 途中下記のようなものが出てくるのでチェックしてaccept

⑧ LAUNCHをクリック

⑨ Eclipseが起動する

⑩workspaceのフォルダを指定し、Launchを押す。
一度終了して、デスクトップにフォルダを作成する。
そして再び起動させ、先ほど作成したフォルダをworkspaceとして指定する。

Spring Toolsをインストールする

Eclipseの起動後、Spring boot をインストールする。

①「Help」➡︎「Eclipseマーケットプレイス」を押下

② 検索バーに「sts」と入力して「Spring Tools 4」をインストールする
*動画上では「Spring Tools 3」をインストールしてくださいとなってますが、誤りです。
「Spring Tools 4」をインストールしてください。

Spring bootを起動する

以下のような手順で、spring bootを起動させる。

① File(ファイル) ➡︎ New(新規) ➡︎ Other(その他)をクリックする

② Spring BootのSpring スタータ・プロジェクトを選択してNext(次へ)をクリックする

③ 何も編集せず、次へをクリックする

④ WebのSpring Webにチェックマークをつけて完了をクリックする

⑤ demoを右クリック➡︎Run As(実行)➡︎Spring Boot アプリケーションをクリックし、サーバーを起動させる

⑥ コンソールに「Spring」のログが表示され、サーバーが立ち上がる

⑦ http://localhost:8080/を検索するとエラーページが表示される




FLY-WESTプログラミングスクールでは格安で未経験からフリーランスエンジニアへ導きます!

人気記事

© Copyrights Spot. All Rights Reserved

Created with by FLY-WEST